この夏、死に向かって歩みながら、祖父は何を飲み続けたか。水だ。

 人は通常、相手を理解しようとするときには、その人の行動や言動の端々にその人の人物像を見出そうとする。そうして積み上げられたイメージは、見る人の想像力の範囲において無限に拡大されていく。人が他人を理解したいという衝動は、人が安心を求めているからなのかもしれない。そうして得た束の間の安心の中にその相手が別の表情を覗かせた瞬間に、 続きを読む