スポンサードリンク


Windows10 『Snipping Tool』でスクリーンショットが簡単になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『The Book of Life』 編集担当のReveです。

Windows10で『Snipping Tool』が改良されて、Mac並みにスクリーンショットの撮影がかなり簡単になったのご紹介したいと思います。


Macでは、

[Command] + [3]: デスクトップのスクリーンショットの撮影
[Command] + [4]: 選択範囲のスクリーンショットの撮影

というショートカットキーが割り当てられているので、非常に使い勝手が良いのですが、Windowsでは、

[Windows] + [Print Screen] または [Fn] + [Windows] + [Print Screen]

タブレットPCであれば、

[本体のWindowsマーク] + [本体の音量-ボタン]

で、ピクチャフォルダにスクリーンショットが撮影され、保存されます。

 

それをペイントやその他の画像編集ソフトで切り取って…と、なかなか不便だったのですが、Windows10の『Snipping Tool』は、ストレスなくスクショを撮ることができます。

 

『Snipping Tool』の使い方

1.[Windows] + [s] または[Windows] + [Space]でタスクバーのCortanaの入力モードになります。

 

cortona

 

2.そのまま、「snipping tool」と入力すると、検索結果の上部に、『Snipping Tool』が出てくるのでそれをクリックすると、『Snipping Tool』が起動します。

 

snippingtool0

3.「新規作成」の右の▼を押すと、プルダウンメニューが現れ、スクリーンショットの種類を選択できます。

 

snippingtool1

4.「遅延」では、「新規作成」ボタンを押してから0~5秒後に作成が開始されるようにするための設定です。「新規作成」をクリックしたあとに、右クリックメニューや画面操作が必要な場合などに使うと非常に便利です。

 

snippingtool2

5.「新規作成」をクリックすれば、スクリーンショットの撮影が始まります。必要に応じてマウスなどでウィンドウや領域を選択します。撮影されたものは別ウィンドウで表示されるので、簡易編集して保存することができます。

 

snippingtool5

『Snipping Tool』をよく使うという方は、タスクバーにピン留めしておくと便利かもしれません。

 

HTH.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*