スポンサードリンク


【書評・ブックレビュー】 『蜘蛛の糸』 芥川龍之介 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しかし極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には頓着致しません。

 芥川龍之介の短編である『蜘蛛の糸』は、あらすじだけ聞けば、いましめや教訓めいた物語のようだが、これは「人間の性」と「人生の無常観」を象徴したようなものであるとも読むことができそうである。

 かん陀多は、悪行の限りを尽くしていた中、「気まぐれ」によって蜘蛛を助けた。 御釈迦様もまた、かん陀多にチャンスを与えようという「気まぐれ」によって蜘蛛の糸を地獄に垂らした。

 きっかけはどちらも些細なことかもしれないが、そうやって運命がめぐっていくのだと思うと、なにかやるせなさを感じる。 諸行無常とはこのことかと思う。

 かん陀多にとって蜘蛛の糸はまさに”一縷の望み”であり、それにすがりたいと思うのも人間の性である。一人だけが助かろうと思ったり、後を追ってのぼって来る罪人たちを見て焦りを感じたり、罪人たちに喚いたりといった行動をとるごとに、かん陀多の業は深みを増していく。

 

 憐れみという感情を抱いた御釈迦様もまた、一人の人間でしかないのだといえる。 地獄でのかん陀多の様子を極楽から見ている御釈迦様。 その二人の様子など気にもとめないで、御釈迦様の足元で絶え間なくあたりへ好い匂いを湛えている蓮池の蓮。 その間にも時は過ぎていき、まだ朝からようやく昼になったばかり、という無常観が、この物語の本質のように思える。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*