スポンサードリンク


第155回芥川賞は村田沙耶香さんの『コンビニ人間』、直木賞は萩原浩さんの『海の見える理髪店』に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年7月19日に、第155回芥川賞・直木賞(平成28年度上半期)の選考会が東京の築地「新喜楽」で行われ、芥川龍之介賞に村田沙耶香さんの『コンビニ人間』(文學界6月号)、直木三十五賞に荻原浩さんの『海の見える理髪店』(集英社)が選出されました。

村田沙耶香さんは、2003年に『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー。その後、2009年には、『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞、2013年に『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞をそれぞれ受賞されています。

芥川賞は今回が初めての候補となり受賞。現在も週3日、コンビニでアルバイトをしながら執筆活動を続けているという異色の経歴ですが、今回の作品『コンビニ人間』は、18年も同じコンビニでアルバイトを続ける恋愛経験のない36歳の女性が主人公で、「普通」を強要する社会の風潮を独特のユーモアを交えて描く、私小説的な作品です。

 

荻原浩さんは、1997年に『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞、2004年に『明日の記憶』で第18回山本周五郎賞、2014年に『二千七百の夏と冬』で第5回山田風太郎賞を受賞しています。直木賞は、今回が5回目のノミネートでの受賞となりました。

直木賞受賞作の『海の見える理髪店』は、「家族」と「時」をテーマにした短編集。

選考委員の宮部みゆきさんは、

「圧倒的な読み心地の良さがあり、一つ一つの作品が心に残る。ベテランの熟練の仕事に心を打たれた」

との講評を寄せています。

 

 

『コンビニ人間』と『海の見える理髪店』、どちらも読んでみようと思います。

 

第155回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)

今村夏子 『あひる』(たべるのがおそいVol.1)
高橋弘希 『短冊流し』(新潮1月号)
崔実 『ジニのパズル』(群像6月号)
村田沙耶香 『コンビニ人間』(文學界6月号)
山崎ナオコーラ 『美しい距離』(文學界3月号)

第155回直木三十五賞 候補作

伊東潤 『天下人の茶』(文藝春秋)
荻原浩 『海の見える理髪店』(集英社)
門井慶喜 『家康、江戸を建てる』(祥伝社)
原田マハ 『暗幕のゲルニカ』(新潮社)
湊かなえ 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社)
米澤穂信 『真実の10メートル手前』(東京創元社)

選考委員一覧

芥川賞 直木賞
小川洋子 浅田次郎
奥泉光 伊集院静
川上弘美 北方謙三
島田雅彦 桐野夏生
高樹のぶ子 高村薫
堀江敏幸 林真理子
宮本輝 東野圭吾
村上龍 宮城谷昌光
山田詠美 宮部みゆき

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*