スポンサードリンク


出版業界の明暗が垣間見れた「第23回東京国際ブックフェア(TIBF)2016」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行ってきました。

 

第23回東京国際ブックフェア」。

 

tokyobookfair2016

 

今回が初めての来場だったのですが、出版業界の取り組みや雰囲気、各出版社の社員さんの働きぶりを直接見ることができました。

子どもたちを対象にしたブースは会場の4分の1ほどを占めていて、体験型イベントやワークショップなど、楽しみながら本に親しむコンテンツが豊富でした。

 

一方で、一般書籍や専門書籍のブースは、各社でテンションの差が浮き彫りに…。張り切っている出版社でも、やっていることは、その場で如何に本を売るかということ、というものが率直な印象でした。

目玉のブース展示は、470の出版社が出展している目玉コンテンツですが、品揃えは大型書店と大差なく、販売員もただ本を売っているだけという状態でした。文化祭シーズンなのでしょうがないかもしれませんが、盛り上げ方が、冊数限定のサイン本の販売や、割引セール、アイドルによるイベントなど、”その会場で行う意義”が感じられないことは、数年前からも各所で言われているようです。

470社が出展しているということですが、いくつかの大手出版社は数年前から出展を降りているようで、そちらの理由の方が、この業界の問題点を浮き彫りにさせているのかもしれません。

 

本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは? | 本の要約サイト flier(フライヤー)

人気著者による無料講演会など、本と出版に関する多種多様なイベントが行われる、日本最大の「本」の展示会、「[link:http://www.bookfair.jp/]東京国際ブックフェア[/link]」…

www.flierinc.com

 

現在、東京国際ブックフェアの企画・運営チームは、コアメンバーが10数名いて、開催当日には応援メンバーも加わります。まずは、開催の数か月前から、「どうしたら読者が普段手に取らないような本に興味を持ってくれるか? 本をもっと好きになってくれるにはどんな仕掛けがいるか?」という観点で、企画の全体像を練ります。

 

こちらの記事にある、展示会を主催する東京国際ブックフェア取締役局長の岡部憲士氏へのインタビューによれば、今回から「読書推進」というテーマを打ち出し、企画・運営しているようで、来場者からの反響と出版社と読者の交流がこのイベントの意義だということです。

ネットや電子書籍、近くの大型書店で目当ての本はすぐ手に入る今、わざわざ会場に足を運ぶ新規の読者はどれほどいるのでしょうか。講演やイベントの待ち時間も惜しむかのように本にかじりついている”本好き”たちに、さらに本を売りつける方法を考えるような企画ばかりで、内輪だけで盛り上げっているような停滞感が漂っていました。

電子書籍の台等や若者の読書離れが、本の売上を圧迫していると叫ばれていますが、この状況を改善する抜本的な改革の兆しが見られず、非常に残念でした。もちろん出版社の方々にとって、売上は第一の課題ではあることは確かですが、問題解決やイノベーションが起こりづらい雰囲気があるのかもしれません。

本に新たなデザインを生み出した文鳥文庫

多くのブースの中で、個人的に目が引かれたのが、文鳥社の『文鳥文庫』でした。

 

2016-09-25-04-27-34-1 2016-09-25-04-31-54-1

 

そのブースには、2人の販売員さんと2冊の本だけが置かれ、そのシンプルな装丁の本は、他のどの賑やかなブースよりも、ひっそりと存在感を醸し出していました。

 

文鳥社 公式ホームページ

 

「文鳥文庫」とは、長くて16ページの短編が、蛇腹折りになっている長方形の紙に印刷されているものです。日々の合間の10分や15分程度で読むことのできる文学作品と、短編を読むのに最適であるようにデザインされた斬新なフォーマットは、新たな読書体験を与えてくれます。

 

理系出身コピーライターが「文鳥社」で実践する”デザイン思考”|SENSORS|

博報堂でコピーライターとして勤務ののち、昨年デザインカンパニー「文鳥社」を創業した牧野圭太氏。Facebookの人気ページ「コピーライター

www.sensors.jp

ほんの10分の深い文学体験。「文鳥文庫」がうまれるまでと、これから。 | 読む・聴く・観る・買う | クロワッサン オンライン

長くても16ページ、読み終えるまでに10分くらい。そんな「文鳥文庫」発売元の文鳥社代表の牧野圭太さんをインタビュー。

croissant-online.jp

 

 

「デザイン」とは、本来、「ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現すること」という意味で、一般的にイメージされる、装飾やヴィジュアルの設計に、機能性などのアウトプットが加わったもののことを指します。

ただ、シンプルで見た目をカッコよくするだけでなく、そこに新たな機能や体験を加え、従来の読書体験に新たな付加価値をもたらすという意味で、「文鳥文庫」は、革新的であるように思われました。

現在は、

  • 『文鳥文庫 日本文学8名作』
  • 『文鳥文庫 第二弾「ふたり」』
  • 『文鳥文庫 第三弾「謎」』

の3冊が発売されているようです。

販売は、オンラインと全国の販売店(HP参照)で、定価1,296円で販売されています。

 

 

最近では、芥川賞・直木賞をはじめとする文学賞受賞作品では、又吉直樹さんの『火花』や、村田紗耶香さんの『コンビニ人間』、メディアミックスの一つとして書籍化した新海誠さんの『君の名は』、大人の塗絵、Twitterの口コミなどで全国に広まりつつある『文庫X』など、爆発的なヒットを記録している書籍も多くあり、面白い本は、重版がかかり、長年に渡りじわじわ売れている作品も多くあるようです。

一方で、電子書籍の規格統一や書店の在り方などの問題も依然としてあることには変わりがなく、読書離れは避けられないことだという半ばあきらめのような声も聞かれます。ですが、デザインやIoTなど、新たな技術を積極席に取り入れ、より多くの素晴らしい作品を、より多くの必要とする読者へ届ける動きを、今後期待したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*