スポンサードリンク


マイナーバージョンアップでも唯一無二のインプットデバイス デジタルメモ『ポメラDM200』が発売開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「物書き」にとっての神器とも言える「ポメラ」シリーズの新モデルが3年ぶりに発表され、2016年10月21日より発売される予定です。

価格は、¥49,800+消費税と、5万円弱と安くはありませんが、ネット接続や余計な機能を省き、文字入力のみに特価したインプットデバイスには、値段では測れないニッチなニーズがあり、多くのファンを生みだしています。

ノートPCより手軽で持ち運びやすく、場所を選ばずに執筆に集中できる点が「ポメラ」の最大の魅力ではないでしょうか。前機種の「ポメラDM100」だけでも必要な人にとっては十分な機能でしたが、今回の新モデル「ポメラDM200」では、余計な新たな機能を付け足さずに、従来の機能を強化するようなバージョンアップが加えられています。

 

⇛ 「ポメラ」 公式サイト|KING JIM

 

「ポメラDM200」の新機能

  • DM100よりも約40%広い、7インチワイド画面
  • 横17.0mm、縦15.5mmのノートパソコン並のキーピッチと「V字ギアリンク構造」を採用
  • リチウムイオン電池を搭載し、モバイルバッテリーにも対応(約18時間駆動)
  • ポメラ専用日本語入力 ATOK for pomera [professional]を搭載(従来より約3倍の語彙数)
  • 「親指シフト」や様々なキー設定に対応
  • Bluetoothキーボードとしてスマホやタブレットとも連携可能
  • 無線LANを搭載し、Evernoteなどのアプリと連携を強化
  • 様々なテキスト編集機能の強化

 

実機に触れていないので打ち心地はわかりませんが、キー配列の設定を変更できるのは、かなり便利ですね。「親指シフト」人口がどれくらいいるかも不明ですが、キーボードは、普段の生活の中で触れているものの中でも、最も多くの時間を共にするものの一つなので、物書きの方々にとっては、重要なファクターになってくるのではないでしょうか。

 

oyayubi_shift

 

⇛ 親指シフト|Wikipedia

⇛ NICOLA 公式ページ

 

Weblioなどのネットの辞書を活用するのもいいですが、電子辞書の方がすぐ取り出せて使い勝手がよく、重宝することもあります。「電子辞書にワープロ機能が加わったもの」という言い方をすれば、ネットに接続されていない環境では、最強のアウトプットデバイスになるでしょう。「ポメラ」は、執筆スタイルも含め、あなたの生活スタイルも変えるデバイスになるかもしれません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*