【書籍紹介】『シェリーに逢いたくて』EDDIE TSUCHIYA

アメージング出版より、2017年12月13日に発売されたエディツチヤ(EDDIE TSUCHIYA)著の小説『シェリーに逢いたくて』。

現在、Amazonにてオンデマンドで発売しています。

あらすじ

舞台はLAのサンタモニカ。地球温暖化の影響で、海中では異変が起きていた。

そう…そこにはまだ人間の知らない生物が誕生していたのだ。そんな海中にはエメラルド王国とサファイヤ王国の二大勢力がしのぎを削り合っており、両王国の話し合いから互いの王子と王女を政略結婚させ、一大王国を築く計画が着々と進められていた。しかし王子のジャスティンはそんな政略結婚に嫌気がさし、ある日、地上で泣き崩れているシェリーという人間の女性に恋をしてしまう…。

そんなジャスティンとシェリーの恋の行方、そして遥かニューヨークからシェリーに逢いたくて旅をするそのシェリーの愛犬テリーが繰り広げるハートフルコメディ。

「大人になるって、どういう事?」

そんなキーワードが挿入されています。

著者から一言

映画は観るけど読書はちょっと…

マンガ読むけど読書はちょっと…

近年、ITの普及により様々な選択肢が生まれ、人々の生活がスマホやインターネット、SNS中心でジックリと本を読む時間さえ失われつつある人が増えたかと感じます。

そんな多忙な方々がもし映画やマンガ、ミュージカルなどを一つにした様な小説があるとしたならどうでしょう?

今回、ご紹介する作品はそんな多忙な方々でもシンプルにまるでディズニー映画を観る感覚で楽しめる作品かと思います。

是非、一読を!

アメージング出版へのリンク

想いを形に、そして必要とする人に届けられるように。

想いを形に、そして必要とする人に届けられるように。

www.amazing-adventure.net

著者紹介

20歳の頃、20万円と片道チケットだけ持ち、オーストラリアのシドニーへと渡り、

22歳で、俳優ロバートデニーロに憧れ、単身でニューヨークからLAへと乗り込み、

リーストラスバーグ・アクターズスタジオの入学を志願するも、あまりのレベルの高さに

面談で断念。

その後、カナダのバンクーバーからバンフへ。そして再びLAへ戻る。

帰国後、ライターとして海外を中心に短編小説を連載。

著書

「シェリーに逢いたくて」2017年12月

アメージング出版よりデビュー

連載

04~05年

カナダのフリーペーパー(Bingo)にて「明日への手紙」ノンフィクション作品を連載

05~10年

アメリカの文芸誌(TVfan)にて「潮風の贈り物」短編小説を連載

その他

真田佳祐(Keisuke Sanada)という名でもフリーペーパーなどで執筆中!