スポンサードリンク


出版業界の明暗が垣間見れた「第23回東京国際ブックフェア(TIBF)2016」

tokyobigsite

行ってきました。

 

第23回東京国際ブックフェア」。

 

tokyobookfair2016

 

今回が初めての来場だったのですが、出版業界の取り組みや雰囲気、各出版社の社員さんの働きぶりを直接見ることができました。

子どもたちを対象にしたブースは会場の4分の1ほどを占めていて、体験型イベントやワークショップなど、楽しみながら本に親しむコンテンツが豊富でした。

 

一方で、一般書籍や専門書籍のブースは、各社でテンションの差が浮き彫りに…。張り切っている出版社でも、やっていることは、その場で如何に本を売るかということ、というものが率直な印象でした。

目玉のブース展示は、470の出版社が出展している目玉コンテンツですが、品揃えは大型書店と大差なく、販売員もただ本を売っているだけという状態でした。文化祭シーズンなのでしょうがないかもしれませんが、盛り上げ方が、冊数限定のサイン本の販売や、割引セール、アイドルによるイベントなど、”その会場で行う意義”が感じられないことは、数年前からも各所で言われているようです。

470社が出展しているということですが、いくつかの大手出版社は数年前から出展を降りているようで、そちらの理由の方が、この業界の問題点を浮き彫りにさせているのかもしれません。

 

本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは? | 本の要約サイト flier(フライヤー)

人気著者による無料講演会など、本と出版に関する多種多様なイベントが行われる、日本最大の「本」の展示会、「[link:http://www.bookfair.jp/]東京国際ブックフェア[/link]」…

www.flierinc.com

 

現在、東京国際ブックフェアの企画・運営チームは、コアメンバーが10数名いて、開催当日には応援メンバーも加わります。まずは、開催の数か月前から、「どうしたら読者が普段手に取らないような本に興味を持ってくれるか? 本をもっと好きになってくれるにはどんな仕掛けがいるか?」という観点で、企画の全体像を練ります。

 

こちらの記事にある、展示会を主催する東京国際ブックフェア取締役局長の岡部憲士氏へのインタビューによれば、今回から「読書推進」というテーマを打ち出し、企画・運営しているようで、来場者からの反響と出版社と読者の交流がこのイベントの意義だということです。

ネットや電子書籍、近くの大型書店で目当ての本はすぐ手に入る今、わざわざ会場に足を運ぶ新規の読者はどれほどいるのでしょうか。講演やイベントの待ち時間も惜しむかのように本にかじりついている”本好き”たちに、さらに本を売りつける方法を考えるような企画ばかりで、内輪だけで盛り上げっているような停滞感が漂っていました。

電子書籍の台等や若者の読書離れが、本の売上を圧迫していると叫ばれていますが、この状況を改善する抜本的な改革の兆しが見られず、非常に残念でした。もちろん出版社の方々にとって、売上は第一の課題ではあることは確かですが、問題解決やイノベーションが起こりづらい雰囲気があるのかもしれません。

本に新たなデザインを生み出した文鳥文庫

多くのブースの中で、個人的に目が引かれたのが、文鳥社の『文鳥文庫』でした。

 

2016-09-25-04-27-34-1 2016-09-25-04-31-54-1

 

そのブースには、2人の販売員さんと2冊の本だけが置かれ、そのシンプルな装丁の本は、他のどの賑やかなブースよりも、ひっそりと存在感を醸し出していました。

 

文鳥社 公式ホームページ

 

「文鳥文庫」とは、長くて16ページの短編が、蛇腹折りになっている長方形の紙に印刷されているものです。日々の合間の10分や15分程度で読むことのできる文学作品と、短編を読むのに最適であるようにデザインされた斬新なフォーマットは、新たな読書体験を与えてくれます。

 

理系出身コピーライターが「文鳥社」で実践する”デザイン思考”|SENSORS|

博報堂でコピーライターとして勤務ののち、昨年デザインカンパニー「文鳥社」を創業した牧野圭太氏。Facebookの人気ページ「コピーライター

www.sensors.jp

ほんの10分の深い文学体験。「文鳥文庫」がうまれるまでと、これから。 | 読む・聴く・観る・買う | クロワッサン オンライン

長くても16ページ、読み終えるまでに10分くらい。そんな「文鳥文庫」発売元の文鳥社代表の牧野圭太さんをインタビュー。

croissant-online.jp

 

 

「デザイン」とは、本来、「ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現すること」という意味で、一般的にイメージされる、装飾やヴィジュアルの設計に、機能性などのアウトプットが加わったもののことを指します。

ただ、シンプルで見た目をカッコよくするだけでなく、そこに新たな機能や体験を加え、従来の読書体験に新たな付加価値をもたらすという意味で、「文鳥文庫」は、革新的であるように思われました。

現在は、

  • 『文鳥文庫 日本文学8名作』
  • 『文鳥文庫 第二弾「ふたり」』
  • 『文鳥文庫 第三弾「謎」』

の3冊が発売されているようです。

販売は、オンラインと全国の販売店(HP参照)で、定価1,296円で販売されています。

 

 

最近では、芥川賞・直木賞をはじめとする文学賞受賞作品では、又吉直樹さんの『火花』や、村田紗耶香さんの『コンビニ人間』、メディアミックスの一つとして書籍化した新海誠さんの『君の名は』、大人の塗絵、Twitterの口コミなどで全国に広まりつつある『文庫X』など、爆発的なヒットを記録している書籍も多くあり、面白い本は、重版がかかり、長年に渡りじわじわ売れている作品も多くあるようです。

一方で、電子書籍の規格統一や書店の在り方などの問題も依然としてあることには変わりがなく、読書離れは避けられないことだという半ばあきらめのような声も聞かれます。ですが、デザインやIoTなど、新たな技術を積極席に取り入れ、より多くの素晴らしい作品を、より多くの必要とする読者へ届ける動きを、今後期待したいです。

東京ビッグサイトで「第23回 – 東京国際ブックフェア2016」が本日9月23日(金)より3日間開催中!

tokyobookfair2016

本日9月23日(金)〜9月25日(日)の3日間に渡り、東京ビッグサイトで「第23回 – 東京国際ブックフェア2016」が開催されています。

 

⇛ 第23回東京国際ブックフェア2016 公式ホームページ

 

世界20カ国から470社が出展!

  • あらゆるジャンルの本が特別価格(一部例外を除く)
  • サイン会や洋書バーゲンなど、イベント盛りだくさん!
  • あの有名作家の講演も聞ける!(無料、事前申込制)

 

入場には、事前に無料のチケットを申し込む必要があります。

⇛ チケットの申し込みはこちら

また、「本がもっと好きになる!講演会」「「本」「出版」をもっと知るセミナー」「こども向けイベント」「ブックフェア限定企画」などのセミナー・イベントも催されています。

作家の林真理子さんや湊かなえさん、浅井リョウさんなど、人気作家の講演会や、『火花』の編集者、『BURUTUS』の編集長などによるセミナーなども開催予定です。

⇛ セミナー・イベントへの参加の事前予約はこちらから

 

その他、ブックフェアの限定企画など、本好きにはたまらない3日間。

本や出版に関する最新情報が手に入るでしょう。

 

イベント・セミナーの空席もまだあるようです。

ぜひ、みなさまも、足を運んでみてはいかがでしょうか。

さわや書店フェザン店 『文庫X』の衝撃が全国へ波及中!

csdp2gsvmaa2c6s

岩手県盛岡市にある「さわや書店フェザン店」で発売された『文庫X』。皆さんはもう手に入れられたでしょうか?

 

2016年の7月21日に発売を開始してから、ちょうど2ヶ月が経った今もその売れ行きは衰えず、9月14日は三度目の重版が決定したようです。その影響は全国に拡大し、協賛した全国の書店が公式取扱店として『文庫X』の販売を開始しています。

 

『文庫X』公式取扱店一覧(随時更新中)

さわや書店 公式ホームページ

 

『文庫X』とは

『文庫X』とは、さわや書店フェザン店の文庫担当の長江貴士氏による企画で、長江氏の手書きのメッセージが書かれたカバーで覆われ、ビニールでラッピングされており、中身や内容が一切伏せられて販売されている本です。

csdqeoiumaedpjv

ページ数は約500ページほどあり、価格は810円と、このような形でなければ、なかなか手にされることはないであろう良書で、その衝撃的な内容と読者を引き込む文体に、多くの読者から好評を得ているようです。

 

主にTwitterで情報を公開しているため、Twitterユーザー以外には、口コミで情報が拡散しているように見受けられます。

 

さわや書店フェザン店のTwitterアカウント

 

『文庫X』の特設サイトを作らない理由は何かあるのかもしれませんが、口コミのスピードの情報だからこそ、情報の信頼性が高まるのかもしれません。

 

個人的には、カバーの裏に、”自分の名前を書くところ” があれば、多くの人達の意思が、現実的な動きへと変わっていくのではないか、と期待しています。

まだ、『文庫X』を手にしていない方は、是非、読んでみて下さい。あらゆる感情が詰まっている一冊です。

小学生の女の子と妄想好きの文学ヘビ?! 秋に、読みだめ 2016年度「文春文庫の100冊 本の森フェア」が開催中!

夏は、集英社・角川・新潮の100冊でしたが、読書の秋にも毎年恒例の「文春文庫の100冊 本の森フェア」が開催されています。

 

「文春文庫の100冊 本の森フェア」 公式サイト

 

今年は、漫画『逢沢りく』で、第19回(2015年)手塚治虫文化賞「マンガ大賞」を受賞した、ほしよりこさんがキャラクターデザインをしています。

 

 

 

ほしよりこさんオリジナル・ポストカード5枚1組を抽選で300名の方にプレゼント!  文春文庫の100冊  本の森フェア|イベント情報|本の話WEB

「文春文庫の100冊 本の森フェア」が、全国各書店でスタートします。キャラクターは『逢沢りく』や『きょうの猫村さん』でおなじみ、ほしよりこさんが文春文庫のために描き下ろしてくださった小学生の女の子「…

hon.bunshun.jp

 

ラインナップの約4分の1は、歴史・時代小説になっています。話題となったピエール・ルメートルの『その女アレックス』や、パトリック・ジュースキントの『香水―ある人殺しの物語』、壇蜜の『壇蜜日記』などどれも個性的な作品と良書が揃っています。

 

今年の100冊 一覧

 

 

「森の文庫フェア」は、全国の主な書店で開催されています。静かな夜長を本とゆったり過ごしてみるのもいいかもしれません。

本の森フェア開催店 一覧

【書評・ブックレビュー】 『砕け散るところを見せてあげる』 竹宮ゆゆこ

the_ashes_of_my_flesh_and_blood_is_the_vast_flowing_galaxy

The ashes of my flesh and blood is the vast flowing galaxy

本書、『砕け散るところを見せてあげる』のタイトルの下に、この小さな文字で英文が記されている。作者によれば、「骨の私の血と肉は億千万の流れる銀河」というタイトル候補を英語にしたものであるという。”この中の一文字も削れないと思った” というこの言葉に作者の本作への思いが込められているのだろう。

「最後の一文、その意味をあなたが理解したとき、あなたは絶対、涙する。」という印象的な帯の言葉通り、ただこの物語を最後まで読み進めるだけでは、きっと理解に苦しむ部分が数多く出てくる。UFO、赤い嵐、「つまり、UFOが撃ち落とされたせいで死んだのは二人」。残されたこれらの様々な謎解き明かそうと、再び初めから読み返す。何度も何度もページをめくり、ようやく一つひとつの意味が繋がり始める頃には、もう、この物語からは抜け出せなくなっている。

ラノベを小説に引き上げる要素

『砕け散るところを見せてあげる』の著者、竹宮ゆゆこは、ライトノベルの電撃文庫から出版された「とらドラ!」、「ゴールデンタイム」などの作品で人気となりる。新潮文庫nexからは『知らない映画のサントラを聴く』に継ぎ二作目となる今回の作品では、ボーイ・ミーツ・ガール的なメインパートを持ちつつ、その前後のパートに大きな構造的な仕掛けが施されている。新潮文庫の創刊100年で贈る「今までの新潮文庫がカバーできていなかった「次」の領域」、「漫画やライトノベルの「次」に手に取れる小説へ」という新潮文庫nexの枠組みに相応しい一作となっている。秋には文春文庫から本作と兄弟のような作品であるという小説『あしたはひとりにしてくれ』が出版される予定になっている。

大学受験を控えた高校3年生の濱田清澄は、ある日、全校集会でいじめられている蔵本玻璃を助けようとするが、彼女の「ああああああぁぁぁ」という絶叫に拒絶されてしまう。それをきっかけに次第に打ち解けるようになる二人だが、玻璃は誰にも話すことのできない秘密を抱えていた。玻璃を襲うUFOの正体、UFOが撃ち落とされたせいで死んだ二人とは誰なのか。この事件を解決すべく現れたのは…。

ここからは誰の話?

この小説では、メインの物語部分を、冒頭の部分と、ラストの部分で挟み込む構造になっているが、冒頭とラストでは特に細かく、語り手の転換が行われている。意識しないで読むとこの上なく読みづらく、前後不覚に陥ってしまいそうになるが、これは作者の意図的な仕掛けである。そうして、読み込まなければ見えてこない部分も、メインの物語とは別のこの小説の面白さであり、読み手に”気づいて” もらいたいという作者の思いがあるのかもしれない。

一度読んで、ネタがバレれば読み捨てられる小説もあるなか、その楽しさで満足する読者を、構造的に物語の中に引き込んで、何度も読み返させるような仕掛けは斬新である。不覚にもこの小説を手にとった読者は、後悔しながらも、離れられなくなるはずである。

”イタい” くらいに突き動かされる衝動

UFOは、突如として大切な人をさらっていく。

大切な人を取り戻すためには、犠牲を伴うと分かっていてもUFOを撃ち落とさなければならない。

人はある瞬間に、居ても立ってもいられないくらいに、意味も分からないまま、誰かのために行動しなければならないという衝動に突き動かされるときがある。周りから見たら、”イタい” 人だと思われるかもしれないが、そんな判断が下る前に、もう身体は動き出す。

この物語の登場人物は、それぞれがそれぞれの立場で、そのような衝動に突き動かされるように行動していく。その想いが見せる光景は何か。なりふりかまわず砕け散っていき、最後の一文に繋がる。

耳で読む本 Amazonの『Audible』 通常1ヵ月無料! Amazon Prime会員なら最大4ヵ月無料も

audible

Amazonのオーディオブックの新サービス『Audible』は、もうご利用になられましたか?

 iPhone・iPad, Android端末からAudible専用アプリをダウンロードし、Audible専用ストアからダウンロードし利用することができます。

月額1,500円で、豊富なカテゴリーの中から、好きな作品が聴き放題になります。

Amazon 『Audible』 公式ページ

毎月追加される直木賞受賞作や、司馬遼太郎短編全集、瀬戸内寂聴訳の『源氏物語』などのシリーズものが全編聴けたり、岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてい』、貴志祐介の「黒い家」、鈴木光司の『リング』『らせん』、小松左京の作品など聴くホラーシリーズや落語、語学学習など、オーディオブックの特性を活かしたユニークなコンテンツが揃っています。

カテゴリー一覧

再生速度の調整や視聴記録も管理できる、便利なAudibleアプリ

Audibleは、スマホ用のAudibleアプリを通して聴くことができます。オーディオデータは、一度Wi-fi経由などで各端末にダウンロードすれば、ネット環境がない場所でも聴くことができます。途中でアプリを閉じても、その場所からまた再生させることができるので非常に便利です。

また、再生速度の調整ができ、通常の0.75倍から3倍の速さまで、0.05単位で調節できます。速度を早くしても、しっかりと言葉が聞き取れるので不便さは感じません。、コンテンツの内容やカテゴリーに合わせて、速度を調節すれば、長い内容の本も短時間で要点だけを掴むのに適しています。 移動時や作業中、ランニング中などでも、本1冊の内容を聞き流せることができ、また、耳から入ってくる情報は文字を読むのとは違った読書体験ができるかもしれません。

人混みの中での落語の視聴は、オススメしません…。

朗読者によっては、好みがわかれることも

落語などは、落語家さんの声をそのまま聴くことができますが、本の朗読は、ナレーターの声やその人のテンションや間・抑揚などが、物語の雰囲気に影響してしまいます。有名なナレーターの方でも、作品と合わないと思うようなものもいくつかありました。作品のイメージが朗読者によって左右されてしまうのは、もったいないと思うところもあります。

豊富なラインナップから選べるので、活字よりもAudibleで読んだ方が良いと思うものをカテゴリーの中から選んで読むことをオススメします。

まずは、1ヵ月の無料体験から 専用ページから

Audibleの会員に登録をすれば、1ヵ月の無料体験期間が適用されます。Amazon Prime会員であれば、この1ヶ月間の無料体験終了時にPrime会員限定の3ヵ月無料体験に登録することで、最大4ヵ月の無料体験期間が適用されます。

Audible (オーディブル) 会員登録 – 無料体験期間1カ月

Audible (オーディブル) 会員登録 – Amazonプライム会員限定 無料体験期間3カ月

 

『Audible』のカスタマーサービスは、Amazonとは別になっているようです。

『Audible』 カスタマーサービス

 

気になったタイトルや読み上げの雰囲気、アプリの使い勝手などを確認するだけでも充分な期間です。

あなたもAudibleで、新しい読書体験を試してみてはいかがでしょうか。

同意語・反意語・四字熟語だけでは測れない語彙力

『The Book of Life』 編集担当Reveです。

先日、Twitterのタイムラインで、語彙力診断が流れて、多くのフォロワーの方が挑戦されていました。 結果が数値として、上位◯%に入る語彙力であるという結果は分かりやすく、多くの方の語彙力の高さに驚かされた一方、私も含め、他人よりも低い語彙力という結果になることは恥ずかしいと感じる方も多くおられるようでした。

たった50問程度でその人の語彙力が正確に測れるわけもなく、遊びのようなものですが、最も身近にある「言葉」だからこそ、皆さんの「言葉」に対する思い入れを感じました。

日本語ボキャブラリーテスト

簡単な質問に答えて語彙力をあなたの語彙力を確かめてみましょう!登録ナシ!

www.arealme.com

語彙力は多いに越したことはありませんが、大事なのはその使い様ではないでしょうか。相手に伝わらない言葉も不十分だし、安易すぎる言葉だけでは、表現がまずしくなっていく一方です。

私も、自分の語彙力の貧困さに悩まされているので、これを期に、鍛えていこうと思いました。

 

朝日新聞とBenesseが共催している「語彙・読解力検定」というものもあるようです。

語彙は伝染る

続きを読む

【書評・ブックレビュー】 『コンビニ人間』 村田沙耶香

conveniencestore

純粋に聞いているだけなのに、ミホの旦那さんが小さな声で、「やべえ」と呟くのが聞こえた。

他人を理解しようと思っているつもりでも、ほとんどの人は、どうすれば相手を自分の理解の範疇に収めることができるかということに苦心している。自分の世界にとって「異物」と見做したものに対しては考えることをやめ、うまく解釈しようとすることに努めることで、自分の世界の秩序を保とうとする。つまりは、思考や意味がそもそも存在しないものがシステムであり、そのシステムの中に意味を見出そうとするのが人間の本質なのである。

システム自体が潔癖で健全であればあるほど、その世界は確固たるものになり、やがて人はそこから抜け出せなくなる。それは、周りが見えなくなるとか、他人の意見に耳を貸さないとか、そういった類の現実逃避ではなく、純粋にごく自然の流れとしてそうなっているのかもしれない。

社会はある堅牢なシステムを得たときから、新しい部品を調達しながらそのシステムが何かしらの形で機能しなくなるまでずっと、その秩序を維持し続ける。その社会が壊れるまで、ずっと。

続きを読む

月額980円で12万冊以上の電子書籍が読み放題のAmazonの新サービス『Kindle Unliumited』の提供が開始!

KU-retail-lp_KindleCards

アメリカではもうすでに提供が開始されていて、反響を呼んでいたAmazon.comの新サービス『Kindle Unlimited』(キンドル・アンリミテッド)が、日本でも開始されました。

 

電子書籍リーダーのKindleデバイスやKindleアプリ(PC・タブレット・スマホから閲覧可能)があれば、小説や雑誌、コミックスなどの電子書籍12万冊以上を対象とし、月額980円で読み放題。

 

現在登録を行えば、初回の30日間は、無料でサービスを体験することができます。

 

『Kindle Unlimited』の公式ページ&ご登録はこちら

 

参加している文藝・評論の出版社一覧:

彩図社、創元社、叢文社、大洋図書、徳間書店、第三文明社、東京創元社、東京書籍、東洋経済新報社、法研、飛鳥新社、扶桑社、復刊ドットコム、光文社、河出書房新社、幻冬舎、講談社、交通新聞社、佼成出版社、金融財政事情研究会、笠倉出版社、毎日新聞社、NHK出版、鳥影社、PHP研究所、日本工業新聞社、日本文芸社、三才ブックス、三笠書房、山と渓谷社、実業之日本社、世界文化社、双葉社、太田出版、葦書房、文藝春秋、文芸社、西東社、祥伝社、翔泳社、小学館、偕成社、星雲社、銀の鈴社、英宝社、朝日新聞出版、朝日新聞社、竹書房、主婦と生活社、いのちのことば社、すばる舎、ぶんか社、ほおずき書籍、みくに出版、インプレス、インプレスR&D、イースト・プレス、カンゼン、キルタイムコミュニケーション、グッドタイム出版、サンマーク出版、ジャパンタイムズ、スターツ出版、ステレオサウンド、ディスカヴァー・トゥエンティワン、フランス書院、ブイツーソリューション、プランタン出版、プレジデント社、マイクロマガジン社、マガジンハウス、マガジン・マガジン、
ミリオン出版、モバイルメディアリサーチ、
ユニプラン、リットーミュージック

雑誌では、「オレンジページ」、「ViVi」、「Tarzan」、「Mac Fan」、「Pen」、「MONOQLO」、「Begin」、「習慣ニューズウィーク日本版」、「Hanako」、「GetNavi」、「文藝春愁SPECIAL」、「クロワッサン」、「VOGUE JAPAN」など、おなじみのラインナップが、揃っています。

 

第155回芥川賞は村田沙耶香さんの『コンビニ人間』、直木賞は萩原浩さんの『海の見える理髪店』に決定!

2016年7月19日に、第155回芥川賞・直木賞(平成28年度上半期)の選考会が東京の築地「新喜楽」で行われ、芥川龍之介賞に村田沙耶香さんの『コンビニ人間』(文學界6月号)、直木三十五賞に荻原浩さんの『海の見える理髪店』(集英社)が選出されました。

村田沙耶香さんは、2003年に『授乳』で第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞しデビュー。その後、2009年には、『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞、2013年に『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞をそれぞれ受賞されています。

芥川賞は今回が初めての候補となり受賞。現在も週3日、コンビニでアルバイトをしながら執筆活動を続けているという異色の経歴ですが、今回の作品『コンビニ人間』は、18年も同じコンビニでアルバイトを続ける恋愛経験のない36歳の女性が主人公で、「普通」を強要する社会の風潮を独特のユーモアを交えて描く、私小説的な作品です。

 

続きを読む

スポンサードリンク